効果的な自己PRの方法について

就職活動や転職活動で、もっとも大切なポイントとなるのが、自己PRではないでしょうか。

自己PRとは、就職活動や転職活動の面接試験などで、自分の長所、アピールポイントを紹介することです。

上手な自己PRのためには、自分の長所と短所について、把握しておく必要があります。たとえば、積極的であるとか、忍耐強い、協調性があるなど、それぞれのアピールポイントを、日ごろから考えておく必要があります。

また、自己PRを就職活動や転職活動で、効果を持たせるためには、そうしたアピールポイントについて、具体性を持たせることが必要です。

就職活動や転職活動で顔を合わせる面接官は、就職希望者とは面識がないことがほとんどです。

つまり、初対面の相手でも、理解してもらえるよう、具体性を持った自己PRが大切になるのです。こうした自己PRは、やはり、付け焼刃ではなかなかできません。

日ごろから、自分自身について掘り下げて考える習慣をつけると、いざというときの、自己PRもしやすいのではないでしょうか。

それでは、自己PRについて、どのように具体性を持たせることができるのでしょうか。

それには、実体験に基づいていることが必要になります。ただ、自分は積極性がある、協調性があるとアピールしても、相手には真実味や現実感をイメージできません。

たとえば、学生時代や、前の職場で、どのような場面で積極性や協調性を発揮できたのかを思い起こしてみることです。

そうした、アピールポイントは、自分ひとりで考えても、なかなか思い浮かばないかもしれません。

たとえば、サークルの仲間や、家族、友人ら周囲の人たちに、自分自身について、どう思うかということを尋ねるのも、上手な自己PRに欠かせません。

また、自己PRのポイントを思い浮かべることができたら、具体的に、ノートなどにまとめるといいのではないでしょうか。

そうしたほうが、筋道だった、自己PRにつながる可能性があります。そうした自己PRにつながるエピソードは、なるべく具体性を持っているほうが、相手にも伝わりやすくなります。

そのためには、その自己PRにつながるエピソードについて、できるだけディテールを重ねることが必要になります。

そのその自己PRにつながるエピソードは、どういったとき、どのような状況だったのか、また、どのような人たちが関わっていたのかなどを、具体的に思い浮かべます。

そうした工夫の積み重ねによって、初対面の面接官にも、就職希望者自身がどのような人柄であるのか、ということをイメージしやすくなります。

自己PRの例文を参考にしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です